校長あいさつ

 東小の創立は昭和35年(1960年)、令和6年度で64年目を迎えた。

 校舎は、国道40号線と国道238号線が交差する交通の要所にあり、沿線は商業区域となっており、校区には、合同庁舎他各官庁がある。

 現在の校舎は平成2年(1990年)に改築(体育館は昭和58年に改築)、稚内市給食センターが隣接している。また、平成25年には、新校舎となった稚内東中学校校舎と渡り廊下(通称「絆ロード」)でつながっている。

 令和6年4月1日現在の児童数は304名、ここ数年大きく減少している。学級数は、通常学級12学級、特別支援学級が4学級の16学級である。

 近年の研究活動では、平成26年より、北海道教育委員会「学校力向上に関する総合実践事業」の実践指定を受け「チームとしての包括的な学校改善」に取り組んでいる。

 特色ある教育活動として、独自の伝統文化が位置付いている。校歌をマーチにした「東小マーチ」は、開校当時につくられ、6年生が受け継いでいる。開校40周年につくられた合唱曲「広い大地の中で」は、校歌と共に儀式的行事等で歌われている。開校50周年記念でつくられたオリジナルソーラン「継海~TUGUMI」は、稚内独自の文化である「南中ソーラン」と共に高学年が運動会や学芸会等で披露する演舞として定着し、4年生以下の児童の見本となり憧れの存在となっている。

 令和6年度は、本校の教育目標

  やさしく思いやりがあり 仲間と共に育ち合う子ども

  進んで学び創意工夫を凝らし 追求する子ども

  自己の目標に向かって強い心と身体で 最後までやり遂げる子

 この学校教育目標の具現化を図る4つの重点目標を設定した。

  「自分の考えをもつ力」の育成、「自分の考えを表現する力」の育成、

  「チャレンジする力」の育成  「人を大切にする力」の育成

この重点目標に示した4つの力を10年後、20年後の未来を生きるこどもたちに必要な資質・能力と共に大切にして1時間1時間の授業や特別活動においても意識した教育活動を展開していく。 

 

 

 

校長が更新します!

校長室から

英語学習

今年度、外国語活動と外国語の指導は、東中学校の英語の先生が担当します。1年間お世話になります。

最初の授業は、6年生、3年生、5年生、専門の先生の指導で、どのクラスも楽しく学ぶことができました。

3年生は、授業で英語に触れることは初めて、笑顔がいっぱいでした。

「英語が楽しい」、小学校の活動で喜びを味わい、中学校につながっていくこと、大いに期待できそうです。

じっくりと学習に取り組みます

昨年度は一斉休業があり、長期休業を削減するなどにより授業日数・授業時数を確保しましたが、今年度は、学習時間を十分に確保しています。

どの学年も、落ち着いて学習に向かっています。

 

一年生も楽しく学んでいます。算数の道具を上手に使いながら数の勉強をしていました。とても前向きです。

両担任も明るく授業を進めています。

 

6年生は、算数「対称」の学習。図形は、東小では苦手としている領域で、昨年度から重点的に復習してきました。

わかったことを、自分の考えで文章にまとめる、友達と伝え合う活動を重視しています。

特に、4月、5月は、全学年の復習(学び直し)を継続的に取り組みながら、新しい学年の学習に取り組みます。

5月26日全国学力学習状況調査が、一つの大きな節目となり、頑張りどころです。

令和3年度 新学期スタート

7日、令和3年度始業式、新学期がスタートしました。

みんな元気に顔を合わせ、気持ちよい挨拶を聞くことができ、うれしく思いました。「新しい学年でもがんばろう」そんな思いに応えていきたいと思います。

新しい教室で、久しぶりに友達と過ごすことができ、気持ちを新たに活動に向かっていました。

 

 

8日、60名の新入生を迎えました。

入学式では、緊張した様子でしたが、立派な態度でした。

この一週間ほど、落ち着いて生活できているようです。

6年生が新入生一人一人教室や会場への案内、新たな関わりが生まれました。

 

新学期の様子について、ご家庭でも話題になっているかと思います。今年度もご支援、ご協力をよろしくお願いします。

 

 

8/17 二学期始業式

いつもより短い夏休みが終わり、二学期がスタートしました。

元気に挨拶を交わし、笑顔が見られ、「二学期がんばろう!」という意欲を感じました。穏やかに、落ち着いた雰囲気で始まりました。

全校児童324名全員が楽しい学校生活を送ることができるよう、頑張りを期待しています。

始業式では、子どもたちに、一人一人の良さを発揮し、仲間と共に励まし合ってよりよい生活をつくってほしいと伝えました。

一学期は、休業が続いた後の学校再開、運動会の中止や、1年生との顔合わせなど、全校の交流がないなど、特別な状況の中でも、子どもたちは前向きに学習に取り組みました。仲間との関わりも広がり、少しずつつながりができてきたところです。

二学期は、共に学び、頑張りを認め合える、確かな関係をつくってほしいと思います。楽しい学校生活のために、今できること、仲間と考えること、日常の学習、生活の中で積み重ねていってほしいと思います。お互いの思いを伝え、共に感じることができることを大切に。

楽しみなことは何ですか?

 「学校が始まって1週間アンケート」をとりました。学校が始まり①楽しみなこと②不安や心配なこと③その他についてききました。まだ全学級集約はされていませんが、一人一人の思いを感じることができました。

 まず、「学校へ行くのが楽しみ、うれしい」「友達と会えること、勉強したり遊んだりすることが楽しい」と答えている子が圧倒的に多いのです。高学年になると具体的な活動になっていきます。

 また、心配な面では、コロナに関することが1割程度、それよりも特に上の学年で、行事について、実施できない残念な気持ちが出ています。
 いつでも、子どもたちは楽しい学校生活を望んでいます。学校はその期待に応え、豊かな学びを保障できるよう努力します。

学びに向かう力を育む③~文化活動

 決められた授業時数を実施すると同時に、行事にもねらいがあり、豊かな心を育んでいます。

 東小の特色ある教育活動として、文化活動が位置付いています。行進曲「東小マーチ」、合唱曲「広い大地の中で」、「南中ソーラン」とオリジナルソーラン「継海」、準備運動の「東小体操」、伝統的に受け継がれてきた文化です。仲間と共に創り上げる取組が豊かな経験となります。仲間との絆、学年の枠を超えたつながり、また、地域や家庭に発信することで、認められ自信をもちます。学校と地域をつなぐ体験活動です。発表の場として、学校行事では、全校的な集会、運動会や学芸会など、地域にはサマフェスや南中ソーラン祭などで東小のがんばりを伝えています。

 
 社会や人とつながる大切な教育活動です。コロナウイルスの対応で、密になる活動として当面は見合わせていますが、制限がある中でどのように活動していくか、知恵と工夫により、この文化を継承していきたいと考えています。

学びに向かう力を育む②

 今年度の年間授業時数を確保しなければなりません。休業期間があったため、どの学校でも年間計画の見直しを進めています。夏休みの削減と併せて、二学期以降についての手立て(状況に合わせて)は、5時間の日・6時間の日を増やすこと、冬休みを減らすこと、土曜日に授業を行うことが考えられます。東小でもある程度想定しています。また、効率化や精選も必要です。しかし、子どもに過度な負担とならないよう配慮することも重要であり、今後じっくりと検討していきます。何よりも子どもに必要な資質・能力を育むための計画であり、重点化を図りながら令和2年度の教育活動を計画していきます。

学びに向かう力を育む①

 落ち着いて学習に向かう姿が見られます。友達と共に過ごす楽しそうな姿が見られます。やはりみんな一緒がいいですね。

 休校期間の授業時数の確保に関わり、今年度の予定を大きく変更します。当面一学期は、市内小中学校すべてで7月31日までとなりました。夏休みの短縮です。この二ヶ月間はじっくりと学習に取り組むことになります。

 この間、運動会や一年生を迎える会などの行事は、密を避けるため中止となりました。子どもにとって楽しい行事、仲間との交流を図る行事を行うことができず残念です。特に運動会は、新学期のスタートから、学級集団の力を高め、仲間との信頼関係の土台を創る節目となる行事です。
 子どもたちにとっても特別な一年間なのでしょう。できることを見つけながら、一つでも楽しい思い出をつくっていきたいものです。

6月1日から再開

 分散登校を経て本格的に教育活動が再開されます。

 18日からの二週間は、やはり日常とは違う感じでした。疲れを感じている様子や、すっきりしない様子、一ヶ月ぶりなので仕方ないです。だんだんと、落ち着いて学習に向かう生活のリズムをしっかりとつけていってほしいです。しかし、友達と過ごす楽しさを感じ、徐々になれてきたようで、笑顔がたくさん見られました。先生たちも、この間子どもとの対話を通して生活の様子を聞き取ってきたところです。一人一人に寄り添って指導をしていくこと、当たり前のことですが大切にしていきます。

 久しぶりにクラス全員そろっての学校生活になります。制限のある生活で、「距離」はありますが、これまで味わえなかった学ぶことの楽しさ、仲間と共に過ごす楽しさを感じてほしいと思います。

 私たちの生活もそうですが、3密を避ける生活の中でできることを考えながら、工夫しながら行っていくことが日常になっていくのでしょう。

休業開け登校開始(分散登校)

 約一ヶ月ぶりに「子どもがいる」学校になりました。全校児童の半分ですが、子どもが活動しました。机が空いているので、違和感もあったでしょうが、元気な声を聞くことができましたし、真剣に学習に向かう姿を見ることができました。

 まずは、子どもの生活や学習の様子をつかむことと、子どもがペースをつかむことです。担任を中心に全教職員で子どもの思いも受け止めながら学びの保障をしていきます。

 登校時の手洗いから、下校後の消毒作業まで、新学期同様予防対策が繰り返されます。世の中全体がウイルスとの「共存」と言われるように、学校も感染予防と学習保障の両立が求められています。難しい課題ですが、子どもの命と健康を守り、安心して楽しく学ぶことができる取り組みを進めなければならないと考えています。